テーマ「Lightning」を使ってみる①インストールして子テーマを入れてみました。

「Lightning」は株式会社ベクトルさんが提供するWordPress公式テーマ。100%GPLライセンスなので無料で使えます。

ビジネスサイトにもブログにも!
無料で使える超高機能WordPressテーマ

昨年(2016年)話題になった人気テーマで、VK All in One Expansion Unit という多機能統合型プラグインと併用することにより高機能なビジネスサイトが簡単に構築できます。

ただ、”簡単”といっても管理人のような素人に毛の生えた程度のスキルでは使いこなせるか?はなはだ疑問なので試しにサンプルサイトを作ってみました。

設定ガイドに沿って構築してみる

((株))ベクトルさんの「Lightning」のサイトには 設定ガイド が載っていましたのでそれを元に進めてみることにします。

Lightningのインストール

管理画面の「外観」→「テーマ」画面で、画面上部の「テーマ」の文字の右の「新規追加」をクリックします。

  1. 画面右上の入力欄に「Lightning」と入力してEnter(Return)
  2. Lightning が表示されるので、クリックしてインストールを完了します。

 

プラグインのインストール

プラグイン『VK All in One Expansion Unit』を一括でインストールします。

全てにチェックを入れて「インストール」⇒「適用」

インストール後のプラグインは忘れずに「有効化」しておきます

 

その他の設定・仕様

設定ガイドによると

  1. プラグイン『VK All in One Expansion Unit』をインストール
  2. 管理画面の左メニューの『VK ExUnit』で、最初の『Bootstrap の CSS と js を出力』『fontawesome link タグを出力』のチェックを外して保存します。
    (Lightningのテーマ側で出力しているため、ExUnitでも出力すると2重出力になる)

となっているので確認してみたら最初からチェックは入ってい無かったのでこのままでOKです。

コーポレート用サンプルデータを入れてみました

少し手順を飛ばしてコーポレート用サンプルデータをインポートしてみましたが失敗しました ^^;)

メディア(画像ファイル)とかは準備してないですからエラーは当たり前ですね(笑)
その他は正常のようで、カテゴリーとか投稿記事が追加されていました。

 

子テーマでのカスタマイズ

WordPressでテーマを編集する場合は「子テーマ」使うほうが安全なので「子テーマ」をインストールすることにしました。

子テーマのカスタマイズサンプルページ から子テーマサンプルをダウンロードします。

子テーマをインストールして有効化します

 

とりあえずテーマとプラグイン、子テーマまでインストールできました。

http://easy-life.work/test01/

次回に続きます(掲載日は未定です ^^;)

 

 


スポンサーリンク