ランサムウェアの被害が増えているらしい?

ランサムウェア(Ransomware)とは?

悪意のソフトウェア(ウイルス、ワーム)の一種で「身代金要求型ウイルス」「脅迫型ウイルス」ともよばれ世界中で猛威を振るっているようです。(ランサム(ransom)=「身代金」)

感染するとパソコンの端末が操作出来なくなったり、ファイルが暗号化され開けなくなったりします。

これらを人質にとり、元に戻すパスワードが欲しければお金(身代金)を払うようにとの脅迫メッセージを表示します。

ランサムウェアに感染するとどうなるの?

たっくん
感染するとどうなるの? 
ちゅうどう
 画面をロックされて端末の操作が出来なくなったり写真や動画、文書ファイルなどを暗号化されて開けなくなってしまうよ。
たっくん
それって、元に戻せないの?
ちゅうどう
 ツールで戻せる場合もあるようです。
ウイルスバスターで有名なトレンドマイクロなどでは複合ツールを無料公開しています。
だけど、ウイルスは日々新型が出ているから戻せない場合もあります。
たっくん
それって、ヤバいんじゃない?
ちゅうどう
 完全な解決策が無いと言うのが一番の問題!
ウイルスを作った犯人はロックや暗号化の解除と引き換えに「身代金」を要求してくるんだ。
だから「身代金要求型ウイルス」「脅迫型ウイルス」と呼ばれているんだ。
 
たっくん
お金を払ったら解決?
ちゅうどう
 それだけは絶対にダメ!お金を払ったからって元に戻せる保証は無いし、カモにされるだけじゃない?。

どんな場合に感染するの?

迷惑(スパム)メールの添付ファイルを開いたり、不正なURLをうっかりクリックしてランサムウェアを拡散するサイトに誘導されてしてしまったりすることで感染するケースが多いようです。
近年、スマホでもランサムウェア被害は急増しており(特にAndroid)注意が必要です。

管理人の知人もウッカリ感染してしまい泣いてました(人生あきらめが肝心!と悟ったような事をつぶやいてましたっけ、、)IT系の営業さんからも「ランサムだけは気をつけてくださいね」って心配されました^^;)

それだけウイルスとかが身近な脅威となってきたんですね、、管理人も注意しなければ、、
独立行政法人情報処理推進機構(IPA)の「情報セキュリティ10大脅威 2017」にもランサムウェアによる被害が2位なってました。

対策はどうすれば良いの?

ランサムに限らずですが一般的にパソコン(スマホ)の運用に関して

  1. 怪しいメールは開かない!怪しいサイトには近づかない!
    近頃は”業務連絡を装ったメール”や一見するとスパムと判らないようになっている物も多いようです。
    添付ファイルを不用意に開かないことはもちろんですが、サイトのアドレスなどもクリックしない方が良いです。
    また、怪しげな海外サイトには行かない方が無難です。
  2. OSやアプリのアップデートは常に最新にしましょう。
    OSやアプリの脆弱性を標的にされる場合もあるので常に最新の状態にしておくことが望ましいです。
  3. セキュリティソフトを導入しましょう。
    セキュリティソフトに関しては様々な意見があるようですが一般的には、導入しておく方がベターです。
    ノートン とか ウイルスバスター が有名です。
  4. バックアップを取りましょう。
    管理人的にはバックアップが一番重要じゃないかと思います。
    ランサムに限らずですがコンピュータには不慮の事故が付きものですから、故障や操作ミスなどでデータ消失する危険性は案外ウイルスの被害より多いかもしれません?
    転ばぬ先の杖!常にバックアップを取る習慣をつけておけば安心です。

管理人の行っているバックアップ方法

管理人は自宅と仕事場にパソコンが有るため、頻繁に更新するデータはクラウドのストレージサービスで共有するようにしています。
 
ストレージサービスには幾つか種類がありますが管理人の場合、マイクロソフトアカウント取得だけで5Gまで無料で使える OneDrive(個人用)と有料サービスのOffice 365 ProPlusに付随していたOneDrive for Business (1T)を使用しています。
 
考え方としては2台のパソコンをそれぞれお互いにバックアップしあっている状態で、頻繁に更新・追加されるデータをクラウドに置いて同期させることにより常に最新のデータを保存し続ける事が出来ます。
ただし、リアルタイムの同期設定は便利ですが(同期のし忘れが無い)逆にいえば間違えてファイル消してしまったり、上書きしてしまうと同期先のパソコンのファイルまで更新されてしまうので要注意!
誤って削除した場合などは一時的にゴミ箱に入るようですから一定期間なら復元できるはずです。また、WordやExcelのようなオフィス製品なら仮に間違えて上書きしてしまってもクラウド上にバージョン履歴が残っていれば復元することも可能です。画像ファイルやテキストなど(バージョン履歴が無いもの)は上書きしてしまった場合は元に戻せないので注意が必要です。
 –
クラウドに入りきらないファイルは更新頻度の低いもので主に画像や動画、過去のバックアップファイルなどですが外付けハードディスクに保存してあります。たまに(半年に1回くらい)ハードディスクを外して片方のパソコンに繋ぎ差分ファイルを更新します。
完全ではないかもしれませんが常にバックアップをしておくことでランサムウェアなどの脅威からもある程度は対応出来ると思います。

スポンサーリンク