実機レビュー「マウスコンピューター m-Book J350SN-M2SH2 」

マウスコンピューター m-Book J350SN-M2SH2 の実機レビューです。

m-Book J350SN-M2SH2 特徴

最新第8世代CPU搭載。高速SSDと大容量HDD搭載のいいとこどりデュアルストレージ仕様の13.3型フルHDノートパソコンです。
販売価格 ¥102,384(税込)

  • CPU Core™ i5-8250U(4コア/ 1.60GHz/ TB時最大3.40GHz/)
  • メモリー 8GB (8GB×1)※最大32GB (16GB×2)
  • ストレージ SSD(256GB )+HDD(1TB )
  • 液晶サイズ13.3型(1,920×1,080 ノングレア)
  • 本体重量約 1.5kg(標準バッテリー)
  • 本体寸法 324×234×25.0mm
  • バッテリー動作時間は約 8.1時間。
尚、スペックの詳細は m-Book J350SN-M2SH2E 仕様詳細 で確認してください。

 

ハイスピードと大容量を両立

m-Book J350SN-M2SH2は電話ノートパソコンでは珍しい256GB 高速SSDと1TBハードディスクのデュアルストレージ構成になっています。

一度、SSDの快適さを知ってしまうともうHDDには戻れません!しかし、大容量のSSDは高すぎてなかなか手が出ない、、、

デスクトップパソコンのようにストレージを増設できる場合は、SSDを起動ドライブ(Cドライブ)にしてOSやアプリの高速化を図り、データ格納用としてハードディスクを追加すれば良いのですがノートの場合スペースの関係からか物理ドライブは1個だけの機種がほとんどですが、m-Book J350SN-M2SH2は最初からSSDとHDDのデュアルストレージ仕様なので死角はありません!

 

見やすく目が疲れないフルHD(1920×1080)ノングレア液晶パネル

13インチほどのサイズだと、どうしても文字が細かくなりすぎて目が疲れ疲れやすくなりますが、m-Book J350SN-M2SH2の液晶パネルは見やすいですね?これは意外でした^^;)
ノングレアのおかげか、映り込みも少なめですし照度ムラも気になりません。スペックを見てみても、とくに VA とか IPS とか書いてないので TNパネルと推測されますが(管理人の主観ですが)非常に見やすいパネルです。

視野角は左右上下45度から見てみても十分な視認性がありました、、

昔のTNパネルだと少し斜めになっただけでも見えにくくなったものでしたが進歩しているんですね^^;)

 

アプリのインストールと起動時間

PCは、まっさらな状態では一番、動作も速く快適に動きますがセキュリティソフトや各種アプリケーションをインストールしていくと色々なリソースを喰われどんどん重くなって行きます、、

あくまでも参考程度ですが通常使用する環境に近い形にするため、各種アプリケーションをインストールしてみました。

  • マカフィー リブセーフ ( 体験版 )※プレインストール済み
  • Word2016、Excel2016、Access2016、PowerPoint2016
  • その他画像編集系のソフト(評価版)やツール類

インストール自体は非常にスムーズで短時間に終了しました。ストレージがSSDであることに加え最新第8世代CPU Core™ i5-8250U(4コア)の効果が大きいようです!

Windows自体、頻繁にアップデートがありますが、使用頻度の低いPCの場合、いざ使用しようとするとWindowsアップデートに引っかかりなかなか更新作業が終わらない事があります、、

そのような場合はバックグランドで動いていてもドライブのリソースが100%になってしまい極端にPCの動作が重くなってしまい使い物にならないことも、、、

高速SSDとハイパワーCPUの組み合わせは、そのようなストレスからも無縁でいられると思います。

Windowsやアプリの起動時間

フルブートの状態まで約21秒。その中でスタートアッププログラムに掛かる時間が約14秒ほどなのでWindows自体の起動には約7秒ほど掛かっているようです。

 

オフィスアプリの起動時間です。

実際にファイルを開いたわけでは無く、スタートメニューから起動させただけですので、あまり参考にならないかもしれません?

 

 

ベンチマーク

CPUやグラフィック、ストレージの性能を測るにはベンチマークが参考になると思うので計測してみました。

CrystalDiskMarkの評価です

Cドライブ(SSD)

Dドライブ(HDD)

SSDとHDDの速度差を比べるなど酷な話ですが、いかにSSDが高速か判りますね^^;)

CrystalMark 2004R7

何となくベンチマークと言えば「CrystalMark」を思い浮かべてしまいます(笑)

比較対象は https://crystalrank.info/CrystalMark/09/ranking.php でご確認ください。

 

総評

処理速度、ストレージ容量、画面解像度、、、普段使いのビジネスモデルとして死角無し!

10万円クラスのビジネス中級機として考えた場合、非常にバランスの取れたコスパの良い機種だと思います。

前にレビューした

実機レビュー「マウスコンピュータ m-Book J320SN-S2-LTE」

2018.07.20
でも感じましたが、けしてハイスペック・超軽量マシンでは無いにしろポイントをしっかり押さえている感じです、、、

ビジネスソフトや画像編集ソフトを扱うには十分なパワーですし、重さ1.5kgはモバイルとして持ち運ぶには十分許容範囲です。

フルHD(1,920×1,080)に加え、ストレージもスピードと大容量を両立させたデュアルストレージ仕様

強いて言うならモバイルらしく、LTEワイヤレスモジュールが付いていれば完璧かもしれません?

そう思って調べてみたら、この機種でも LTEワイヤレスモジュール付き の機種がありました。

m-Book J350SN-M2SH2-LTE
販売価格 ¥118,584(税込)

価格差は 16,200円 ですから予算にゆとりがあればLTEモデルの選択もアリかと思います。

※低予算でLTEモデルが欲しい場合は、前回レビューした m-Book J320SN-S2-LT が¥69,984(税込)なのでそちらが良いかもしれません?

総合満足度  
デザイン  
処理速度  
グラフィック性能  
液晶  
ストレージ  
使いやすさ  
バッテリー  
携帯性  
拡張性  

 

 

 


スポンサーリンク